ラーメンとナムコと鏡音リンをこよなく愛する、かたほとりの独り言。
・アレンジについて
この曲の最大のポイントは、言うまでもないですが、終盤のリンちゃんが告白しようとするあたりの盛り上がりだと思います。
なので、原曲のイメージを守るため、コード進行は守りつつ、ラストへ持っていくまでの展開を考えつつアレンジしました。

まず、イントロは、1周年ということで、ノスタルジックな雰囲気を出してみました。
原曲はイントロないんですよね。
突然切り出す、という意味でもその方がいいのかもしれません。
歌いだしは、ピアノの伴奏のみで、恐る恐る話しかけるような感じを出そうと思いました。
そこから一気に勢いにまかせる感じで。
ジェバンニpならではの、方形波とのこぎり波による独創的な2メロディは追いかけず(というよりアレは僕が下手にコピーしても変になるだけなので)、シンプルなアレンジにしました。
そして、終盤の盛り上がり。
原曲ではストリングスがいい雰囲気を演出しているのですが、それをフルートで高揚感を表現してみました。
「まって!」は、僕の中で、原曲でもこの一言がすごく印象に残っていたので、どうせならセリフ調にしてみようと思いました。
喋らせるのは比較的得意なので(笑)、結構いい感じにできたと思います。
喋らせるタイミングはちょっと悩みました。
少し思いとどまって、あわてて「まって!」、みたいなw

あと、原曲よりも、キーを2半音上げています。
その方が、うちのリンらしいのでw

しかしこうやってカバーするにあたり改めてこの曲を見つめなおすと、つくづく計算された曲だと感じました。
歌詞もそうなんですが、曲自体が物語を作り出していて、歌詞とオケとのシンクロが凄い。
この辺は、作家さんならでわなのかなぁ、と思いました。

最後に、素晴らしい原曲を生み出され、勝手にカバーしたことを怒らずに、支援してくださったジェバンニpに、とても感謝します。
ありがとうございました。
スポンサーサイト

【2009/03/21 03:43】 | 自作vocaloid曲
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック