ラーメンとナムコと鏡音リンをこよなく愛する、かたほとりの独り言。
初音ミクがブレイクしてから2年以上たった今でも、ボーカロイドは今でも人気のコンテンツでいつづけている。
同人の世界では、普通、ファンは好きなものからより好きなものを見つけるとそれに移っていき、そうした流行の流れが同人全体を活性化させていく。
もちろん、各ジャンルの中でも王道的なコンテンツは長く人気を保つものもあるが、たいていはそのファンも同時に他の新しいものを追いかけていることが多い。
ボーカロイドの人気がそれらと決定的に異なるのは、それに変わるものがなく、ファンがそこから移っていく先がないことなのだと思う。(ニコ動の御三家はどれもそうだと思うが)
実際、今でも大人気のイベント「THE VOC@LOID M@STER」の来客者も多くが昔から参加しているリピーターだし、ボーカロイドしか同人を知らないという人も少なくない。
緩やかに、去っていく人や新しくファンになる人がいるものの、ボーカロイドというカテゴリは閉じた世界なのだと思う。
これは決して悪いことではない。
だからこそ、こうして長く人気が続いているわけだし、ひとつのことにみんなで盛り上がることが出来るのはすばらしい。
だけど、僕たちの世界が世の中ではすべてではない。
音楽業界で、ボカロPが担当者に格下扱いをうけたという話があった。
仕方ない。だって実際格下なのだから。
僕たちがどれだけ盛り上がっていても、世間では2年前にブレイクした以降はそれほど話題になったわけでもない。
閉じた世界なのだから、有名Pでも、外の世界に出ればただの無名の新人だ。
だからといって、泣き寝入りしたり、愚痴をつぶやいていても仕方がない。
外への道を切り開こうとしている人たちは、いろいろ損な役回りもあるだろうが、後に続く人たちのために実績をつくっていかないといけない。
これから少しでもよい待遇をうけられるように。
培ってきた表現を認められるように。
ボーカロイドのコンテンツのメジャーリリースが増えてきた昨今、先駆者たちの役割の重要性は大きい。
スポンサーサイト

【2010/02/13 06:42】 | 雑記
トラックバック(0) |

格って何?
den
”格下扱い”が具体的にどのような言動だったのかはわかりません。しかし「担当者」がビジネスパートナーであるはずのクリエーターに不愉快な思いをさせたのであれば、社会人としては失格ではないでしょうか?

Re: 格って何?
かたほとり
>den さん
担当者がどのような言動をし、クリエーターがどう受け止めたのかは僕は当事者ではないのではっきりはわかりません。
担当者が不適切な対応をしたのかもしれないし、クリエーターが一方的にそう感じたのかもしれません。相手を社会人失格だと責めたところで状況は何も変わりません。
僕がここで言いたかったのは、その対応が正しいか間違っているかということではなく、まずそうとられないような実績を作っていくことも大切だということです。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
格って何?
”格下扱い”が具体的にどのような言動だったのかはわかりません。しかし「担当者」がビジネスパートナーであるはずのクリエーターに不愉快な思いをさせたのであれば、社会人としては失格ではないでしょうか?
2010/02/22(Mon) 00:51 | URL  | den #-[ 編集]
Re: 格って何?
>den さん
担当者がどのような言動をし、クリエーターがどう受け止めたのかは僕は当事者ではないのではっきりはわかりません。
担当者が不適切な対応をしたのかもしれないし、クリエーターが一方的にそう感じたのかもしれません。相手を社会人失格だと責めたところで状況は何も変わりません。
僕がここで言いたかったのは、その対応が正しいか間違っているかということではなく、まずそうとられないような実績を作っていくことも大切だということです。
2010/02/22(Mon) 19:20 | URL  | かたほとり #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック